2008年10月22日

星野氏公式サイト更新

ようやく嘆願書の草稿が完成して、一息つきながらネットを見ていたら、星野氏の公式サイトが更新されていました。そこでWBCの監督人事に言及され、監督就任の要請があっても固辞すると表明されています。

星野仙一のオンラインレポート
http://hoshino.ntciis.ne.jp/

星野仙一のオンラインレポート

「万が一にも引き受けることはない」と書かれているので、今回はお得意の観測気球ではなく、どうやら本気で固持するようですね。遅きに失したとは正にこのことですが、これでようやく事態が正常化していきそうです。
これでもなおNPBが星野氏の就任に拘るようなら、何か別の理由があると思わざるを得ません。

ただ、心労がたたったご家族の方々はお気の毒でした。しかし、ご家族を巻き込むような騒動に発展した原因は自分にあるってことを星野氏自身は認識できてないみたいで、暗に他人を非難している姿勢が相変わらずで悲しいですね。

さて、ようやく暗闇から抜け出して、希望の光が見える場所にたどり着いたわけですが、この展開を私は恐れていました。振り上げた拳の落としどころがなくなるわけですから。

提出はするとしても、とりあえず先ほどの草案は使えなくなりそうです。
posted by 管理人 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。