2009年03月24日

日本代表、WBC連覇達成!

ドジャー・スタジアムで行われた決勝戦で、我らが日本代表は今大会5度目となる韓国と対戦しました。試合は3回に日本が先制したものの一進一退、9回にはついに同点に追いつかれてしまいます。

しかし延長10回にイチローが放ったセンター前2点適時打で勝ち越し、そのままゲームセット。見応えのある試合に見事勝利し、目標だったWBCの連覇を達成しました。

世界一に輝いた日本代表チームを率いた原監督。いろいろ疑問符が付く采配もありましたが、この素晴らしい結果には素直に脱帽。
選手やスタッフの皆さんも含めて、感謝と慰労の言葉を贈りたいと思います。

さて、それにしても、星野仙一氏が監督にならなくてホントに良かったですね。最高の結末を迎えることができたことで、あらためてあの日あの時、確定しかけていた最悪の未来を回避できたことを嬉しく思います。

そして、この署名活動が事態の改善にどれだけ役に立てたかは判りませんが、間違いなく一助になったんじゃないかと信じています。

あらためまして、署名にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

そして日本、優勝おめでとう!
posted by 管理人 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 成果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

星野仙一氏のWBC監督就任を阻止できました

WBC体制検討会議の第2回会合で第1候補となっていた原辰徳・読売ジャイアンツ監督に28日、加藤NPBコミッショナーが正式に代表監督就任を要請しました。そして原監督も正式に受諾し、2009年3月に開催されるWBCの日本代表監督は原氏に決定しました。

これまで、星野仙一氏の監督就任に反対してきた署名活動ですが、これで目的を達成して終了することができます。北京五輪で惨敗しながら総括も反省もせず、ただ自己弁護と責任転嫁と大言壮語を繰り返すだけの人物が代表監督になるという最悪で不可解な人事は、なんとか寸前で回避することができました。

イチロー選手をはじめとする選手たちの声が事態の好転に強く影響しましたが、ここに結集したファンの声も少なからず貢献したのではないかと思っています。

NPBに提出できたのは7,703件、署名総数は7,777件になりました。こんなに多くの方々に賛同いただけたこと、そして何より目的が達せられたことを皆さんと一緒に喜びたいです。
そして来春のWBCでは、心おきなく日本代表チームを応援したいと思います。

署名に参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

活動記録
http://anybody-but-hoshino.seesaa.net/

投稿時間: 2008/10/29 21:54

署名TV/署名プロジェクト
“星野仙一氏のWBC監督就任に反対します”
http://www.shomei.tv/project-165.html
posted by 管理人 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 成果報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。